第15回チャンピオンズカップ(ホッコータルマエ)

今日はこれだと思える馬やレースが無くて、こりゃ1日苦労するかもと思っていたんですが
いろいろ工夫して、それなりに稼げました。

ちょっと自信につながりましたね。

それと東京コース特注血統でカネヒキリ産駒を紹介しましたが
今日阪神ダートで3着が2回あります。

京都コースより阪神コースの方が直線が長く、坂もある影響かもしれません。
ちょっと阪神コースでも注視したいと思います。

さて、最初に現状認識という事で
今のダート界の時代背景的な話を少しすると

エスポワールシチーの時代から頑張っている
ワンダーアキュートが未だにトップクラスとして戦えている現状は
決してダート界全体的にレベルの高い状態ではないと思ってます。
昨年芝からの転向組であるベルシャザールがあっと言う間に頂点を極めたこともその証左な気がします。

となると今年の注目点は新しい勢力が世代交代を示すのか
既存のトップクラスの馬が踏ん張って、混迷の時代がまだまだ続くのか
予想のスタートはそういった背景を踏まえてスタートさせたいと思ってます。

さて、ホッコータルマエですが次の王者として最も期待しされた馬だと思います。
ここへ来て少し取りこぼしも目立つようになり、以前より王者のイメージが薄れましたが
その実力は決して侮れないものがあります。

まず、レパードSを勝った後、昨年のフェブラリーSまでダート戦の成績が
9-2-4-0/15
の抜群の安定感を持っています。

ちなみに昨年のJCDも展開に泣いた口で
普通の展開ならワンダーアキュートより上位に来ていたと考えています。

昨年のフェブラリーSも超スローの前残りレースを上り1位で2着ですから
展開負けとも言えますし、能力の高さは示しています。

ドバイはわからないので無視(笑)

前走のJCBは4着で久しぶりに国内のダート戦で4着以下になりました。
しかしこの馬元々休み明けが得意では無く
新馬戦 11着
その後の10週以上の休み明けは2着1回、3着1回で勝った事がありません。
一叩きされたここは、前走より上積みはあると思います。

最も安定しており、どんな展開やペースでも3着以内を確保しそうな馬はこの馬のような気がします。

スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: