第75回菊花賞(日本ダービーとの関係)

菊花賞の予想終わりましたw

もう既に的中した気でいます(笑)


しかし、最近ラップを研究すればするほど
スローの瞬発力戦→距離適性が長い馬が有利
ハイペースの持続力戦→距離適性が短い馬が有利
というのを実感します。
これは競馬を予測する上での根幹をなすと思いますね。

いい加減
「根幹距離」「非根幹距離」などのインチキ定義や、ハイペース程スタミナが必要という誤った考え方は捨てるべきだと思います。
最近このブログをご覧になり始められた方はこちらをご覧ください。
競走馬の距離適性について

それを裏付けるデータをこの菊花賞予想で明らかにしていきたいと思います。


■日本ダービーのラップから菊花賞適性がわかる話(保存版)

昨年に引き続き、血統分析一切なしで菊花賞の適性を探りたいと思います。
※血統をバカにしているわけではないですよ。
 ラップの可能性を探っているのです。

注目したいのはダービーの後2Fのラップタイムです。
一般的に後2Fのラップタイムが速いほどスローですし、遅いほどハイペースと予測できます。

「ハイペース程スタミナが必要!(キリッ」
という方が正しいなら、後2Fのラップが遅いほど菊花賞の好走率が高いはずですよね。
実際どうなのか見てみましょう。

■後2F:23.7以上(12年、08年、06年、04年) 
良・稍重で後2Fが23.7以上かかった持続力を問われるラップになった年です。
その年の1-2着馬が3走以内に菊花賞に出走した結果がこちら
◆レース名別集計
本レースより後の3走
集計期間:2004. 9.26 ~ 2012.11.25
ソート:着別度数順
------------------------------------------------------------------------
レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------------------
菊花賞G1 0- 0- 1- 1- 0- 2/ 4 0.0% 0.0% 25.0% 0 57
------------------------------------------------------------------------
★ダービー1-2着の成績がこれって酷くないですかね。

ちなみに天皇賞秋に出走した場合がこちら
◆レース名別集計
本レースより後の2走
集計期間:2004. 9.26 ~ 2012.10.28
ソート:着別度数順
------------------------------------------------------------------------
レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------------------
天皇賞秋G1 0- 1- 1- 0- 0- 0/ 2 0.0% 50.0% 100.0% 0 145
------------------------------------------------------------------------

では、ダービー4着以下からの巻き返しがあったのかどうかを見てみます。
ダービー4着以下から3走以内に菊花賞に出走した馬の成績は以下の通り。
◆レース名別集計
本レースより後の3走
集計期間:2004. 9.11 ~ 2014. 6. 8
ソート:着別度数順
------------------------------------------------------------------------
レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------------------
菊花賞G1 1- 2- 0- 2- 1-13/19 5.3% 15.8% 15.8% 7 63
------------------------------------------------------------------------
率は兎も角として、1着が1頭、2着が2頭います。
ダービー2着以内馬は
菊花賞G1 0- 0- 1- 1- 0- 2/ 4
ですよ。

具体的には
<2012年>
5着のゴールドシップが菊花賞1着

<2008年>
8着のフローテーションが菊花賞2着

<2006年>
3着のドリームパスポートが菊花賞2着
※3着なので上記データ外だが、1-2着のメイショウサムソンやアドマイヤメイン
 より着順は上

<2004年>
9着ホオキパウェーブが菊花賞2着
★全ての年で下剋上(上位馬が負けて、下位馬が菊花賞で好走)が発生

【結論】
ダービーの後2Fが遅いと、菊花賞では好走しにくく、中距離の天皇賞秋で好走しやすい。



次にスローだったダービーの年を見てみます。
■後2F:23.0以下の年(10年、07年、05年)
条件は同じでダービー2着以内馬です。
※ちなみに今年はこちらに該当します。
◆レース名別集計
本レースより後の3走
集計期間:2003. 9.13 ~ 2014. 9.28
ソート:着別度数順
------------------------------------------------------------------------
レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------------------
菊花賞G1 2- 1- 0- 0- 0- 0/ 3 66.7% 100.0% 100.0% 313 150
------------------------------------------------------------------------
先ほどの持続力戦とは全く違う成績ですね(笑)

参考までに該当年のダービー4着以下の馬が菊花賞に出走した場合のデータがこちら
<スローだったダービーで4着以下の馬の菊花賞成績>
◆レース名別集計
本レースより後の2走/レース名:菊花賞G1
集計期間:2005.10.23 ~ 2010.10.24
ソート:着別度数順
------------------------------------------------------------------------
レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------------------
菊花賞G1 0- 1- 1- 1- 1-10/14 0.0% 7.1% 14.3% 0 42
------------------------------------------------------------------------
正直あまり良くありませんが、2頭だけ馬券になっています。
馬券になった2頭は何れもディープの年の2頭で
これは、ディープが-0.8秒も千切って勝ったから後2Fが速いが、実際は2着以下は後2F:23.0以上だったからだと思っています。
つまり、実質後2F:23.0以下のダービー下位からの巻き返しは無し

今年の後2Fは11.1-11.7=22.8でスローの年です。

ダービーで皐月賞馬イスラボニータがワンアンドオンリーに負けたのは
イスラボニータは中距離適性が高く、ワンアンドオンリーの方が長距離適性が上だからでしょう。

これの応用でマイネルフロストが何故青葉賞で凡走し、ダービーで巻き返せたかも説明がつくと思ってます。


更についでに申し上げるなら、今回のダービーのラップ分析結果と次回予定している神戸新聞杯の分析で
私ならサウンズオブアースは消します。


【結論】
ダービーの後2Fが速いと、菊花賞で好走確率が高い。


【今日の格言】
「ラップを読めば、距離適性がわかる(かもしれない)」


次回は、【永久保存】神戸新聞杯のラップから菊花賞好走馬を見抜く方法【世界遺産No.3】の予定です。
もう二度とこんなに詳しくラップを説明することは無いでしょうw


ウイスキーがお好きでしょ

スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れさまです!

すごく勉強になります!

Re: タイトルなし

JIROさん


こんばんは。
そう言っていただけると
がんばって書いた苦労が報われます。

無料でありがとうございます!
賭神さんのブログを読むようになってから、ラップを考えるようになりました。
次回の保存版、世界遺産wを楽しみにしてます!

Re: タイトルなし

横綱さん


いえいえ、喜んでもらえてよかったです。
次回は皐月賞のスプリングSのラップ分析並みの内容になります。

これで毎年菊花賞は的中率アップです。(たぶんw)

世界菊遺産すか(凄)フェノーメノは、何故に、秋天を選らんだんでしょうか(汗)東京コースを選択…ですかね☆

Re: タイトルなし

虎絆さん

まず、中距離G1のタイトルが欲しいんだと思います。
また戸田調教師は天皇賞に思い入れが強いと言う噂も聞いています。
(だから菊花賞ではなく、天皇賞秋を選んだとも)

ダービーのラップからはフェノーメノは中距離適性が高いということになりますが
その後のレースラップからは緩急のあるラップが得意となっています。

青葉賞のラップも中距離適性を示しているんですよね。

天皇賞秋の予想時にもう一度じっくり調べてみたいと思います。

No title

こんばんは。

後2Fの比較ですか、これは面白い考察ですね。

人気馬をバッサリ切ることが出来る一撃必殺の武器ですね。


賭神さんの考え方には何時も感心させられます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

ニノマエさん


ありがとうございます。
基本に何度も書いているペースと距離適性の考え方があって
あとは、それの応用でデータをいろいろいじっているだけなんですけどねw

Re: No title

うまつんたさん


いろいろ情報ありがとうございます。

4着差の検索の方法ですが
<4着差 1.0秒のレースを探す方法>
基本的に2着差と同じです。

メインメニューから
「レース検索」>「レース検索条件設定」
ここは適当に自分の調べたい条件を設定

次に「選択馬の条件設定」で
着順を4着に設定して、1(2)着との着差を1.0に設定するだけです。

これで、1.0秒以上離されて負けた4着馬が一覧で出てきます。


もし、そのレースの1着馬を一覧で出したいなら
上記4着馬の一覧画面から
画面上のメニューバーから
「表示」>「同データで全着順を別画面で一覧」
を選んで、全着順のリストを出して

再び画面上のメニューバーから
「マーク」>「着順を指定してマーク」>「1着」
を選んで1着馬にマークを付けて

「マークしてない行を削除」を行うと1着馬だけのリストになります。

No title

ありがとうございます! 早速試してみてうまくいきました!何か良いのないか探してみますね!

Re: No title

うまつんたさん


あまり上手くなりすぎて
私より使いこなさないでくださいねw


Re: タイトルなし

516さん


メールをお送りしたのですが
エラーで戻ってきました。

プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: