【来年への】第64回安田記念(回顧)【申し送り】

着差以上に強さを感じたジャスタウェイのレースでしたね。

今回の安田記念はいろいろ今後に向けて学ぶべき点が多かった気がします。
今年の敗者が来年の勝者になるために、アメブロの方では無くこちらに回顧記事を書いてきます。


■安田記念は格と実績重視
事前の予想日記にも書いたのですが、安田記念は基本的にG1の中でも厳しい前傾ラップのレースになりやすい傾向にあります。
1着馬の条件として紹介した
①混合芝G1で3着以内
②混合東京重賞で2着以内

今年この条件を満たす馬は以下の4頭と紹介しました。
ショウナンマイティ(3着)
ジャスタウェイ(1着)
ダノンシャーク(4着)
ミッキーアイル

3歳馬で本当の意味での厳しいラップを経験していなかったミッキーを除けば、3頭は掲示板に入っています。

逆に直前の成績で人気を集めた
グランデッツァ
ワールドエース
フィエロ
エキストラエンド
辺りは結果的に馬券になることはありませんでした。

屁理屈を言えば7か月の休み明けのボスは、対象期間を延ばせば①②に該当していました。

来年もこの傾向は重視したいと思います。


■重馬場で斤量差は有利に働かない
予想日記で時計のかかる馬場では斤量差が有利に働かないと書きましたが
結果的にミッキーアイルは16着でした。
(消して正解でした)

あちこちでスタミナのいる重馬場だからこそ斤量が軽い方が有利だ!という書き込みを多数見かけたのですが、やはり私の考え方の方が正しかったように思えます。

TARGET等で距離別の斤量の影響を調べると、確実に
短距離>長距離
という
傾向が出てきます。

もし仮に、「重馬場でスタミナが必要だから斤量が軽い方が有利」というロジックが成り立つためには
スタミナ(笑)が必要な長距離ほど斤量の影響を受けやすくならないといけないのですが、実際はそうではありません。
(※もし、長距離程斤量差の影響が出やすいという競馬評論家がいたら、その人の予想は全く信用しない方がいいです)


また、3歳馬はNHKMCが安田記念並みのラップになった時のみ信用したいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: