fc2ブログ

第17回NHKマイルカップ~その②~

今週は重賞が多いので、NHKマイルCの予想を早々に済ませたい。


■2つのNHKマイルC

NHKマイルCは年毎に、そのラップ推移から大きく2つのタイプに分けられる。

2004年以降で言えば
<瞬発力戦> 2011年、2008年、2005年、2004年
<持続力戦> 2010年、2009年、2007年、2006年
となる。


2つの平均ラップをグラフ化してみた。
2012NHKマイルC02




瞬発力戦の年は当然、前半スローで上りの早い右肩下がりのグラフになる。
持続力戦の年は前半が速く、後半右肩上りのグラフになる。

この2つのタイプの違いについて調べてみた。

【得意距離】
まず、瞬発力戦はクラッシックでも活躍するような馬が好成績を上げる。
ディープスカイ ラインクラフト キングカメハメハ 等

持続力戦は短距離で活躍するするタイプの馬が上位に来る。

ジョーカプチーノ ローレルゲレイロ レッドスパーダ等


<血統>
【瞬発力戦】
◆チェック種牡馬別集計
集計期間:2004. 5. 9 ~ 2011. 5. 8
ソート:着別度数順
--------------------------------------------------------------------
チェック種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------------------------------------
ミスプロ系 2- 0- 2- 1- 1-10/16 12.5% 12.5% 25.0%
サンデー系 1- 2- 1- 1- 1-10/16 6.3% 18.8% 25.0%
テスコボーイ系 1- 0- 0- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 20.0%
ノーザンダンサー系 0- 1- 0- 0- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0%
ヴァイスリージェント系 0- 1- 0- 0- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
ヘイルトゥリーズン系 0- 0- 1- 0- 0- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0%
ダンジグ系 0- 0- 0- 1- 1- 3/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
ボールドルーラー系 0- 0- 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
サドラーズウエルズ系 0- 0- 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
ロベルト系 0- 0- 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
--------------------------------------------------------------------
【持続力戦】

◆チェック種牡馬別集計
集計期間:2006. 5. 7 ~ 2010. 5. 9
ソート:着別度数順
--------------------------------------------------------------------
チェック種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------------------------------------
サンデー系 3- 2- 2- 1- 0-13/21 14.3% 23.8% 33.3%
ヴァイスリージェント系 1- 0- 0- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 20.0%
リファール系 0- 1- 1- 0- 0- 3/ 5 0.0% 20.0% 40.0%
ヘイルトゥリーズン系 0- 1- 0- 0- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0%
ミスプロ系 0- 0- 1- 0- 2-12/15 0.0% 0.0% 6.7%
ロベルト系 0- 0- 0- 1- 1- 6/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
ストームバード系 0- 0- 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
グレイソブリン系 0- 0- 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
ダンジグ系 0- 0- 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
テスコボーイ系 0- 0- 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0%
--------------------------------------------------------------------

どちらもサンデー系の好走が目立つが
瞬発力戦ではミスプロ系がサンデー系より好成績となる。


<前走>
【瞬発力戦】
◆前走レース名別集計
集計期間:2004. 5. 9 ~ 2011. 5. 8
ソート:着別度数順
--------------------------------------------------------
前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------------------------
毎日杯G3 2- 1- 0- 0- 0- 0/ 3 66.7% 100.0% 100.0%
桜花賞G1 1- 1- 0- 0- 0- 2/ 4 25.0% 50.0% 50.0%
ニュージG2 1- 0- 2- 1- 2-19/25 4.0% 4.0% 12.0%
皐月賞G1 0- 2- 1- 3- 1- 6/13 0.0% 15.4% 23.1%
マーガレ 0- 0- 1- 0- 1- 5/ 7 0.0% 0.0% 14.3%
--------------------------------------------------------
【持続力戦】
◆前走レース名別集計
集計期間:2006. 5. 7 ~ 2010. 5. 9
ソート:着別度数順
--------------------------------------------------------
前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------------------------
ニュージG2 2- 2- 1- 4- 3-16/28 7.1% 14.3% 17.9%
毎日杯G3 1- 0- 0- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
桜花賞G1 1- 0- 0- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
皐月賞G1 0- 1- 1- 0- 1- 9/12 0.0% 8.3% 16.7%
スプリンG2 0- 1- 0- 0- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
橘S 0- 0- 1- 0- 0- 6/ 7 0.0% 0.0% 14.3%
マーガレ 0- 0- 1- 0- 0- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0%
--------------------------------------------------------

持続力戦の年は、前走ニュージG2からの好成績が目立つ。
また橘SやマーガレットS等の短距離からの好走馬もいる。

一方、瞬発力戦は中距離の毎日杯組の好成績が目立つ。

このようにどっちのタイプのレースかを予測かで狙う馬が異なってくる。

枠順が確定しないとはっきり言えないが、個人的には今年は瞬発力戦になるのではないかと
考えている。

では、毎日杯のマウントシャスタがねらい目かというと、今年の毎日杯は重馬場であった。
ラップグラフは載せないがレベル自体もあまり大したことはない。

何よりマウントシャスタは上り35.0が最速と言うジリ脚である。


ではここで改めでハナズゴールの強さを(笑)

阪神1600mのコースで行われた3つの重賞のラップを比較してみる。
全て馬場差補正の処理済みである。
2012NHKマイルC03



まず、ジャスタウェイ(アーリントンC)とジェンティルドンナ(桜花賞)の上りはほぼ同じである。
(Aveー3F)ー3Fを見てみると

ジャスタウェイ(37.26)-34.2
ジェンティルドンナ(36.16)-34.3

ジャスタウェイの方がペースが遅く、後3Fは変わらないので単純比較ならば
ジェンティルドンナの方が優秀だが、馬場差が大きくあり(0.2/1F程度)
それを考慮すると優劣がつけにくい同じ程度なのではないかと思われる。

一方、ハナズゴールのチューリップ賞は、見た目にはっきり桜花賞のラップより優秀なのが
見て取れる。個人的には出走していればぶっちぎって勝っていたのではないかと思われる。

よって出走すれば◎はハナズゴール
ジャスタウェイは悪くはないが▲程度か。

もう一頭穴馬を紹介する。
セイクレットレーヴである。

相性の悪いNZTからの参戦であるがカレンブラックヒルに完敗している。
持続力を問われる中山1600の敗戦は気にする必要はない。

この馬を評価したいのはクロッカスSである。
上り33.3で後方から瞬発力戦を差し切っているのが素晴らしい。

中山コースだが瞬発力戦となったジュニアCも上り1位で、
ゴールを過ぎても伸びている。

アドマイヤムーン産駒だが、この馬は瞬発力戦向きだと判断している。
先ほど紹介した瞬発力戦ではミスプロ系が好走している傾向とも一致している。
サンデーの血も内包している。

◎ハナズゴール
○セイクレットレーヴ
▲ジャスタウェイ

△アルフレード(前走は馬体がおかしかったらしいが、今度はどうか)
△カレンブラックヒル(東京コースへの適性は未知数)
△ゼロス(距離短縮が上手くハマれば)
△レオアクティブ(この馬も瞬発力戦向きだと思っている)

スポンサーサイト



テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【第17回NHKマイルカップ~その~】

今週は重賞が多いので、NHKマイルCの予想を早々に済ませたい。■2つのNHKマイルCNHKマイルCは年毎に、そプに分けられる。2004年以降で言えば<瞬発力戦>2011年、2008年、2005年、2004年<持続力戦>2010年、2009年、2007年、2006年となる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。

ラップ分析とかコース分析等を「TARGET frontier JV」を使って
かなり細かくやっています。

時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: